HTCにより後援される仮想現実市場メタバース(VR Metaverse)・ハイストリートは、最新の資金調達ラウンドで500万ドルを調達して株式会社ユニティーのモバイルチームの拡大を計画

08-17    

公表日:2021年8月17日

即時公表

HTCにより後援される仮想現実市場メタバース(VR Metaverse)・ハイストリートは、最新の資金調達ラウンドで500万ドルを調達して株式会社ユニティーのモバイルチームの拡大を計画

 

Vancouver, Canada)2021年8月 17 日に、ハイストリート(Highstreet)、世界初の貿易を中心とする限定版製品向けの分散型金融市場付きメタバース(metaverse)は、最近500万ドルの資金を調達しました。今回の資金調達は、暗号資産と従来型ベンチャーキャピタルにより先導されている(メカニズム・キャピタル(Mechanism Capital)、NGC、パーム・ドライブキャピタル(Palmdrive Capital)、ジャンプトレーディング(Jump Trading)、並びにGBV、PanonyとShima Capitalなどの当該分野における一次プレーヤーを含みます。トップ企業に加えて、Encrypt Club、Mr. Blockと Miss Bitcoin等を含むコミュニティ建設者や影響者も、このラウンドに参加しました。


ハイストリート(Highstreet )は、もともと6年前にLumiereVRという別の名前で始まりましたが、そこで、強力なコンピュータビジョン研究チームは、複合現実体験を使って、利用不足になった不動産を没入型ブランドアクティベーションに変えました。2018年にはモントリオールに本拠地を置く分析会社Retinad Realite Virtuelleを買収し、内蔵型視線追跡による消費者の洞察技術をサービスに追加しました。


新たな資金は、ハイストリートのエンジニアリングチームの拡大に用いられる予定であり、特にユニティー(Unity)では、以前に構築されたすべての部分が、完全に持続可能なメタバース(metaverse)として織り込まれることができるようにします;プレーヤーは、ここで一緒に買い物をして、ブロックチェーン上の小売りの未来を体験できます。 チームが大きくなると、モバイル・アプリとブラウザコンパニオン・アプリがより早く市場に登場するので、ユーザーがどこに行ってもメタバースを利用できるようにします。


Highstreet Worldは、ブランドとパートナーにより開発する完全に探索可能な島で構成されていて、それぞれに住宅地域があり、NFT(非代替性トークン)として販売されているさまざまなPhygital Products(フィジタル製品)(実際の製品に固定されたデジタル資産)があります。ただし、このメタバース(metaverse)の重要な特徴は、ハイストリート・シティ(Highstreet City)の中心にある市場です。ハイストリートマーケット(Highstreet Market )は、償還可能な限定版製品の市場であり、すべての項目が物理的な同等物を有します。ハイストリートマーケット(Highstreet Market)のStreetSmartボンディング曲線は、スマート契約ボールトを使用することにより、購入者に常に流動性を保証します。個々の製品をERC-20トークンにトークン化することによって、ハイストリートマーケット(Highstreet Market)は、オルタナティブ資産業者の物流コストを取り消すので、本物の商品は、その都度、業者から直接来て、真実な集金人だけが取り扱う必要があるのことを保証します。ハイストリート(Highstreet)は、HTCなどの家庭用品会社の協力を得て、ユーザーがデジタルで実物を購入できるようにするだけでなく、さらに友人たちが友人たちがグループを作って一緒に買い物をしたり、一緒に稼いだりすることもできるようにします。

 

「ハイストリートは、小売事業の未来を築く旅に、多くの多様な投資家が参加してくれたことを嬉しく思っています。多くの人は、eコマースが、高級ブランドアクティベーションと魅力的な店頭の終了の始まりだと考えています。しかし、買い物の興奮はメタバース(metaverse)の中に永遠に残ります。仮想世界において、ブランドの表現は無限であり、建設コストと物理的要因に拘束されません。ハイストリートで、究極の小売体験は、まもなく登場します。」 とハイストリートのCEO、トラビス・ウー氏は言いました。


メカニズム・キャピタル(Mechanism Capital)のマネジングパートナー、アンドリュー・カン(Andrew Kang)氏は、「小売消費者は、デジタルネイティブ商品に関心を持ち、且つ、親しみを持っていることを示していますが、しかし、殆どのブランドはまだその趣味に入っていません。ハイストリートは、従来の小売ブランドに対して、NFT(非代替性トークン)を通じて、全く新しい方法で顧客層に関心とロイヤルティを齎す可能性を提供しています。」と話しました。

 

「当社は、NFT(非代替性トークン)とオフライン製品を組み合わせ、より多くの人々をメタバース(metaverse)に参加させるというハイストリートの計画に非常に魅せられています。我々は、ブランドがこの分野に参入して、より多くの顧客を獲得するためにNFT(非代替性トークン)とデジタル資産との業務提携を努めるに伴い、仮想現実の分野での優れた実績により、ハイストリートはこの分野のリーダーになる優位性を持ちます。」NGC創業パートナーのTony Gu氏はこのように語りました。


パームド・ライブキャピタル(Palm Drive Capital)のマネジングパートナー、シーモン・チャン(Seamon Chan)氏は、「我々は、デジタル資産市場の大きな可能性を目の当たりにして、ハイスト(Highstreet )に嬉しく投資しています。我々は、この市場を注意深く観察してみると、NFT(非代替性トークン)とその他の革新的な方法によるデジタル投資の可能性に満ちていることが分かりました。ハイストリート(Highstreet )は、限定商品市場で主張を賭ける機会を得って、デジタル資産と収集品の流動性や価値を安定させます。我々は、ハイストリートのソリューションに対するニーズが今後数年でますます高まっていくと確信しています。」と話しました。

 

「Highstreetは、VR(仮想現実)とcrypto(暗号化)を組み合わせた最初のメタバース(metaverse)を構築しており、ブランドが楽しく革新的な方法でユーザーと交流できるようにしています。我々は。トラヴィス(Travis)及び彼のチームと一緒にこの実験に参加することができてうれしいです。」 とCherubic Venturesの創設者マット・チャン(Matt Cheung)氏は話しました。

 

「NFT(非代替性トークン)とメタバース(metaverse)が第4次産業革命の鍵を握っていたという事実は、今当たり前のこととされており、誰も未来を疑っていません。メタバース(metaverse)とNFT(非代替性トークン)の組み合わせを検討したプロジェクトは過去に数多くあったが、ハイストリート(Highstreet)ほどメタバース(metaverse)を真剣に検討したプロジェクトはありませんでした。NFT(非代替性トークン)とメタバース(metaverse)は互いに補完する重要な要素である為、我々は、ハイストリート(Highstreet)が両者を高いレベルで融合させ、新たな基準を設定すると信じています」と、Mai Fujimoto、Miss Bitcoinとも呼ばれる人は話しました。

 

Panonyの創立者と最高経営責任者のアリッサ・ツァイ(Alyssa Tsai)氏は、「ハイストリート(Highstreet )は、メタバース(metaverse)を崩壊させ、ビジネスやNFT市場を分散させることを目的とした期待されている新構想です。当該チームは、長年の経験、広い知識、世界クラスのリソース、そして迅速な実行力を持っています。我々は、彼らの活躍を大いに期待しています。」と話しました。


ハイストリート(Highstreet Market)には、次の2つの子会社、即ち、サンダンス(Sundance)が支援するLumiereVRスタジオとRetinadアナリティクスを含み、同社が2018年に買収され、凝視データを消費者洞察としてブランドに直接伝送する視線追跡技術を使っています。


ハイストリート(Highstreet )の詳細について、公式サイトにアクセスしてください。


ハイストリート(Highstreet)について

2015年にTravis WuとJenny Guoによって創設されたハイストリート(Highstreet)は、ブラウザとネイティブPCVRでアクセスできる、貿易を中心とするmetaverseです。仮想現実(VR)、分散型金融(DeFi)、美術とハイパーマーケットの分野におけるベテランで構成されたチームを持ち、ハイストリート(Highstreet )の使命は、現実とデジタル世界のギャップを埋め、且つ、金融商品がどのように消費され、市場で販売されるべきかを再定義することです。プレイヤーは、グループを作って、ハイストリート・インターフェースで広大な新世界を探索し、仮想現実不動産を所有して拡大し、且つ、好きなブランドからトークン製品を購入することができます。

 

今後のイベントを更新し続ける為に、ソーシャルメディアでハイストリート(Highstreet)をフォローアップしてください。

 

ホームページ: https://www.highstreet.market

メディア: https://medium.com/highstreet-market

ツイート(Twitter): https://twitter.com/highstreetworld

テレグラム(Telegram): https://t.me/highstreetworld

ディスコード(Discord):: https://discord.com/invite/439FhsrMu2

ブランドのメディア連絡先: merchants@highstreet.market

一般的なお問い合わせ: info@highstreet.market


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。